緊急時に駆けつける刑事事件弁護士の活動とは?

刑事事件発生時における裁判の流れや刑事事件弁護士が活躍する仕組みについての説明

刑事事件は被害者が告訴することで裁判となります

鎮火作業中の消防士加害者が暴行や傷害事件などを発生させた場合において、国家権力が犯罪者を捌くのとは別に、被害者が民事事件ではなく刑事事件として裁判を起こすことがあります。
そこでそういった場合における裁判の流れについて説明をしていきたいと思います。

被告が裁判所に出頭することで手続きが始まります

訴えられた場合、被告は最初に裁判所に出頭する形となっています。
通常の場合であれば地方裁判所か簡易裁判所で扱うことが多いため、このいずれかに出頭して手続きを進めていきます。
そこで被告は弁護士と連携をして裁判の流れや手続きを進めていき、詳しい日程などを調整していきます。

被告は弁護士に相談しながら審理に参加します

そして後日、裁判所で相手を刑事罰として罰するために、公判を行って状況確認を行っていきます。
それらを総合的に判断した上で、裁判官が最終的に有罪か無罪かを判決していく流れとなっています。
基本的に示談交渉などが事前にされないケースについては、実質加害者に有罪判決が出ることが多いです。
逆に示談交渉などがされていた場合においては、途中で被害者の方で裁判の取り下げが申請されることがあります。
その場合には裁判が途中で終了する流れとなり、加害者については不起訴処分として扱われることが多いです。

被害者が加害者を刑事裁判で告訴すると言うこと

 刑事事件として相手を上手に刑事罰に科すためには一人の力では足りないので、弁護士と協力をして行っていきます。
そこで弁護士と一緒に加害者の罪状を確認していきながら、裁判の流れについて具体的な説明が入ります。
ここで裁判で行うべき態度などについて説明がされるので、それをよく確認しながら手続きを進めていきます。

被害者側が示談に持っていくことも可能です

また途中で加害者と示談交渉もすることも可能であり、被害者側から提示をすることも出来ます。
加害者は刑事事件にしたくないという心情が強い傾向があるため、被害者からの提案が合った場合にはすんなり受け入れることが多いです。
刑事事件に巻き込まれた場合は、被害者であっても加害者であっても、弁護士が力になります。
まずは刑事事件に強い弁護士に御相談ください。

最新の刑事事件レポート